デリケートゾーンの黒ずみを解消できると言われる石鹸について

デリケートゾーンに黒ずみができてしまうと、どうしても見た目が悪くなってしまいます。そこで黒ずみを起こさないように日常生活の中で注意すべきことをいくつかピックアップしましょう。

デリケートゾーン黒ずみのレーザー治療の種類について

36

レーザートーニングとは

デリケートゾーンの黒ずみ治療は、美容皮膚科などのクリニックでも行っています。その中でレーザーを使った治療もあります。黒ずみの原因であるメラニン色素を破壊して黒ずみを取り除いていく方法ですが、レーザー治療の中でもさらに2種類の手法が用意されています。その中の一つレーザートーニングとは、弱いレーザー光線を患部に照射することでメラニンを少しずつ減らしていって、黒ずみを薄くしていく治療法になります。デリケートゾーンの中でもVラインやIラインのような粘膜に近いところの黒ずみを解消するために用いられます。黒ずみ以外でも肝斑のような従来のレーザー治療では困難といわれていた症状の改善にも効果が期待できます。レーザートーニングの場合、メドライトC6と呼ばれる光線を使用するのですが、こちらは比較的波長の長いのが特徴です。このため、皮膚の奥深くまで浸透できますし、コラーゲンの生成を促してくれるので、肌のハリやキメを整える作用も期待されています。レーザートーニングですが、1~2週間に1回くらいのペースで施術を進めていきます。どの程度の黒ずみかによっても変わってきますが、5~10回程度施術を受ければ、満足できるような仕上がりになるでしょう。デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、トータルで肌のケアを希望するのであれば、レーザートーニングによる治療を選択するのもおすすめです。

Vホワイトニングインティマレーザーとは

Vホワイトニングインティマレーザーですが、レーザートーニングのようにメラニン色素を破壊するアプローチとは異なります。デリケートゾーンの黒ずみを起こしている人を見ると角質が厚くなっていて色素沈着を起こしていることが多いです。そこで余分な古くなった角質をはがすことで黒ずみを解消していくアプローチになります。大陰唇や小陰唇のようなデリケートゾーンの中でも内側に相当する部分の黒ずみを解消したいと思っている人は、Vホワイトニングインティマレーザーによる治療の選択される傾向があります。Vホワイトニングインティマレーザーですが、高い効果が期待できます。というのも黒ずみの起きている皮膚を削り取っていくような形をとっているからです。またレーザートーニングと比較すると、Vホワイトニングインティマレーザーはより少ない施術回数で黒ずみを解消できる可能性が高いです。デリケートゾーンの黒ずみをできるだけ早く解消したいと思っているのであれば、Vホワイトニングインティマレーザーはお勧めといえます。またこのVホワイトニングインティマレーザーですが、子宮口近くまで照射できるのもレーザートーニングとは異なる特徴といえます。このためデリケートゾーンの黒ずみだけでなく、例えば子供を出産した後の膣の引き締めとか、中高年にしばしばみられる尿漏れ対策などにも効果を発揮してくれます。レーザー治療のほかにも、クリニックでは美白クリームを使った治療なども実施しています。レーザー治療と美白クリームを併用することで、相乗効果でより早く黒ずみの改善の見られる可能性が高まります。もしクリニックでレーザーと美白クリームの併用を進められたのであれば、受け入れてみるといいでしょう。

クリニックの治療の基本・トレチノインハイドロキノン療法とは

35

トレチノインハイドロキノン療法とは

美容皮膚科ではデリケートゾーンの黒ずみの治療に対応しているところも多いです。デリケートゾーンの黒ずみの治療ですが、投薬治療が一般的に実施されます。その中でもポピュラーとされているのが、トレチノインハイドロキノン療法です。まずは患部にハイドロキノンと呼ばれるビタミンCやプラセンタ、アルブチンなどと比較して100倍の美白効果を持っている成分の配合されたクリームを塗っていきます。このハイドロキノンの配合されている薬品は効果が強いので肌にかける負担も大きくなります。そこでそのままじかに塗ってしまうと炎症を起こす恐れがあるので、安定型ビタミンC誘導体10%ローションを下地のような格好で塗ります。そしてハイドロキノンの場合水溶性なので、皮脂によってカバーされていた皮膚の奥深くに単体で浸透するのは難しいです。そこでトレチノインと呼ばれる皮脂の分泌を抑制することでハイドロキノンを肌の奥深くまで浸透させることのできる成分も一緒に塗布していきます。トレチノインハイドロキノン療法ですが、東大病院で開発された治療方法と言われていて、黒ずみだけでなく、ニキビややけど跡の治療にも効果があるといわれていて、注目を集めています。

トレチノインハイドロキノン療法の注意点

トレチノインハイドロキノン療法の方法ですが先ほども紹介したように下地として、ビタミンC誘導体ローションを多めに塗布します。そのうえでトレチノインとハイドロキノンをブレンドして塗布する形になります。トレチノインが多すぎると肌に赤身やひどくなると出血を伴うこともあります。このため、最初のうちは少なめから始めて、徐々に量を増やしていく手法をとるのが一般的です。トレチノインハイドロキノン療法の際に、皮膚がぽろぽろはがれることがあってびっくりする人もいるようです。しかしこれはトレチノインの副作用で心配はありません。最初のうちは1日1回塗るようにして、先ほどの皮剥けが始まったところで1日2回のペースでトレチノインハイドロキノン療法を進めていきます。1~2か月間継続して行ったところで、1カ月間休薬をします。濃度の高いハイドロキノンを塗布し続けると皮膚の特定の箇所が白くなってしまう白斑と呼ばれる現象が起きてしまうのでそれを防ぐ意味合いがあります。ちなみに濃度のこいハイドロキノンの場合に休薬をする必要があるのですが、2%よりも低い濃度の薬品を使っている分には休薬期間を設けなくても、白斑のような現象はまず怒らないとみられています。休薬したところで様子を見て、もっと白くしたいと思ったのであれば、引き続きトレチノインハイドロキノン療法を行う形になります。

料金はどの程度かかる?

デリケートゾーンの黒ずみですが、いわゆる自由診療扱いになります。保険の適用外になってしまうので、治療費は基本全額自己負担という形になりますのでその部分はあらかじめ理解しておきましょう。トレチノインハイドロキノン療法による黒ずみ治療の場合、大体5~10万円程度が治療費の相場になると思っておきましょう。副作用の危険性がある治療法なので、通院や診察を頻繁に行う必要のあることが、このような工学費用につながっている原因とされています。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するレーザー治療

34

レーザーによる黒ずみ治療

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、ピーリングをするとか美白クリームを使うなどいろいろな方法が紹介されています。しかしいずれの方法を試してみたけれども芳しい成果が出なかったという人もいるはずです。その場合には、医療機関でレーザー治療によって対処する方法も検討してみると良いでしょう。レーザー治療は、文字通りデリケートゾーンの黒ずみの気になるところにレーザー光線を照射します。レーザー光線ですが、皮膚の奥深いところまでしっかり照射できるのでメラニン色素に直接作用することができます。そしてメラニン色素を破壊していくのです。ちなみに肌にはターンオーバーという新陳代謝機能があります。それによって破壊されたメラニン色素は表面に出てきて、最終的には剥がれ落ちます。美容皮膚科などでレーザー治療を実施しているので黒ずみに長年悩まされている人がいれば、一度診察を受けてみるといいでしょう。レーザートーニングとVホワイトニングインティマレーザーといういずれかの方法で黒ずみ治療をしてくれるはずです。

レーザー治療を受ける場合の注意点

レーザー治療ですが、デリケートゾーンの黒ずみに対して高い効果が期待できます。しかしその半面、施術を受けるにあたって注意すべきこともいくつかあります。まずはレーザー治療を試みるにあたって、手術を進められるケースのある点です。特に大陰唇や小陰唇が肥大化している場合には、切除手術を優先するようにアドバイスされることがあります。肥大化している部分が下着にあたってしまうと摩擦を起こしてしまいます。するとその刺激によってメラニン色素が過剰に分泌されてしまって、レーザー治療を行っても再度黒ずみが起きてしまうリスクが高いからです。黒ずみの予防的な観点から、肥大化している部分を切除したほうがいいというわけです。そのほかには、妊娠中はレーザー治療を受けることができなくなりますので、妊娠するための活動を活発にしている人はレーザー治療を控えたほうがいいかもしれません。授乳中まではレーザー治療は受けられないと思ったほうがいいでしょう。そのほかにも何かしらの持病を持っているとレーザー治療の受けられないケースもあります。もし気になる症状を抱えているようであれば、医者にあらかじめ相談しておくといいでしょう。

レーザー治療を受けた場合の料金の相場は?

レーザー治療によるデリケートゾーンの黒ずみ治療ですが、自由診療扱いになるので治療費は全額自分で負担しなければなりません。ですから高額治療になることは頭に入れておきましょう。先ほどみたようにレーザー治療には大きく分けて、レーザートーニングとVホワイティングインティマレーザーという2種類の方法があります。それぞれ1回あたりの治療費ですが、前者は1万円程度、後者は10万円近くかかってしまいます。後者のほうが黒ずみの効果はより早く出てきますが、その分治療費も高くつくことを頭の中に入れておきましょう。キャンペーンを実施しているクリニックがあるとか、セットコースを用意していて単品よりも1回あたりの治療費を安くするサービスを実施しているところもあるようなので、このようなサービスをうまく活用するといいでしょう。

美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ治療・方法は多様

33

ケミカルピーリングでターンオーバーを促す

デリケートゾーンの黒ずみについて悩んでいる人がいれば、皮膚科で本格的な治療を受けてみると良いでしょう。皮膚科の中でも特におすすめなのが、美容皮膚科です。美容皮膚科は従来の皮膚科のように肌の疾患を治すのではなく、お客さんの立場に立ってより美しい外見を作るための治療に重きを置いて治療を実施しています。美容皮膚科におけるデリケートゾーンの黒ずみ治療ですが、いろいろなアプローチで実施していて、それぞれの患者に最も適した方法で治療を行ってくれます。ケミカルピーリングを使った治療法もその中の一つです。ケミカルピーリングは肌の角質をはがすことで、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促す作用があります。そもそもデリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が肌に分泌されたことによって起きるので、どんどんメラニンの含まれている肌をはがすことで薄くなっていきます。デリケートゾーンの黒ずみに対するケミカルピーリングは、他の部位以上に細心の注意を払って行う必要があります。そこでどの程度の実績があるのか、これをチェックして診察先を決めるようにしましょう。

優しいレーザートーニングで治療

デリケートゾーンの黒ずみの治療法として美容皮膚科の中には、レーザー治療を行っているところもあります。しかしレーザー治療と言われると、痛みが強いのではないかと気にする人も多いようです。その場合には同じレーザー治療でも、レーザートーニングと呼ばれる方式を導入しているクリニックで治療を受けると良いでしょう。デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素がその部分で過剰に分泌されているのが、そもそもの原因です。レーザートーニングはこのメラニン色素をレーザーを照射することで徐々に減少させていきます。だいたい2週間に1回くらいのペースで治療を受けて、6回をワンクールとすることが多いです。ワンクール治療を行えば、かなり黒ずみは解消されます。しかし中には頑固な黒ずみの持ち主も一部いて、この場合にはさらにワンクール延長して治療を継続することもあります。レーザートーニングの気になる痛みですが、ぱちぱちとゴムではじかれる程度の痛みと言われています。どんなに痛みに敏感な方でも、我慢できないレベルの痛さと感じることはまずないでしょう。

場合によっては手術で対処することも

黒ずみの治療法として、美容皮膚科の中には手術を行っているところもあります。考え方はシンプルで、黒ずみの起きているデリケートゾーンの肌を除去してしまうのです。小陰唇部分の切除や縫合をする方法で除去するのが一般的です。しかし手術によってデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法は、めったに行われません。やるとすれば、小陰唇や大陰唇の肥大・片側肥大のようなほかの症状を治療するために手術を行って、そのついでにデリケートゾーンの黒ずみも解消するといった感じで実施されます。手術をするとなると、かなりの費用を負担しなければならないのでデリケートゾーンの黒ずみのためだけに手術を実施するのはレアケースと思って良いでしょう。

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみの治療は行える?

32

投薬治療が基本

デリケートゾーンの黒ずみですが、自分でいろいろと対策したけれども満足いく結果にならなかったという人もいるでしょう。その場合には、皮膚科で治療を受けるのも一つの方法です。皮膚科の中にはデリケートゾーンの黒ずみに対応しているクリニックもたくさんあります。では具体的にどのような方法で、デリケートゾーンの黒ずみの治療を実施しているのでしょうか?大きく分けて2つのアプローチのいずれかが適用されます。まずは、投薬治療です。デリケートゾーンの黒ずみの場合基本的な処置は、薬の処方になります。黒ずみケア用のコスメもドラッグストアなどに行くと販売されていますが、医薬品の方がより高い効果が期待できます。デリケートゾーンの黒ずみ用の医薬品にはいくつか代表的な成分が配合されています。まずはハイドロキノンです。ビタミンCやプラセンタなども美白成分として知られていますが、これらと比較して効果は実に100倍と言われています。黒ずみの原因はメラニン色素にあるのですが、メラニン色素を減少させる効果とメラニン色素の生成を抑制する効果があるとされています。よって現在起きているデリケートゾーンの黒ずみ対策だけでなく、将来的な予防にも効果を発揮してくれる成分です。その他にはトレチノインというビタミンA誘導体の配合されている薬が処方されることもあります。こちらはピーリング効果があるので肌のターンオーバーを促進して、メラニン色素をどんどん排出する効果が期待できます。トレチノインは長期間継続して使用すると、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成も促すと言われています。このためハリのある肌に変身する効果も期待されています。

投薬治療を受ける際の注意点

皮膚科で処方された薬を使用する場合、いくつか注意すべきことがあります。まずは保管方法です。ハイドロキノンもトレチノインも優れたデリケートゾーンの黒ずみ効果を発揮します。しかしその一方で、参加しやすい成分でもあります。開封すると1ヶ月程度で簡単に劣化してしまいます。そこで保管をする時には、熱や光の当たらない冷蔵庫などでしっかり保管することです。またハイドロキノンもトレチノインも妊娠から授乳中の女性は使わないこととなっています。妊娠予定の人も含めて、この間は医薬品による治療は控えるようにすることも大事です。デリケートゾーンの黒ずみの治療は保険の対象外です。全額薬の費用は自己負担となるので、高額な費用を負担しないといけません。1本5000~6000円程度するので、財布と相談しながら使用することも大事でしょう。

レーザー治療で対処することも

処方薬によってデリケートゾーンの黒ずみがなかなか改善しないのであれば、皮膚科の中にはレーザー治療を実施しているところもあります。メラニン色素をレーザーの力で破壊することによって治療を進めていきます。レーザーはメラニン色素の黒に反応する性質を持っているので、他の肌を傷つける心配はまずありません。レーザーによって破壊されたメラニンは、肌のターンオーバーによってどんどん表面に出てきて、いずれ剥がれ落ちます。ただしレーザー治療の場合、1回治療を受けただけでは十分な効果はありません。数回照射をするためにクリニックを訪れることになるでしょうから、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策で注意すべき3つのこととは

31

日常生活の見直しを始めよう

デリケートソーンの黒ずみが起きると、どうしても股間の辺りが汚らしい感じになりがちです。男性に見せるのも恥ずかしくなるでしょうし、女性同士で温泉旅行をする時にも股間が気になってリラックスできないでしょう。そこでデリケートソーンの黒ずみ対策を常日頃から心がけることが大事です。そのためには、まずデリケートソーンの洗い方に注意しましょう。市販のボディソープで洗っている人もいるかもしれません。普通に体を洗う場合には問題ないかもしれませんが、デリケートゾーンには刺激が強すぎるかもしれません。そこで自然素材の石鹸や弱酸性のボディソープなどを使って、なるべく肌に負担を掛けないようにすることが大事です。またトイレに入った時にデリケートソーンをトイレットペーパーなどを使ってゴシゴシ副習慣のある人も注意です。でキレが吸湿性に優れた、肌に優しいトイレットペーパーを使うように心がけ、股間をこするよりも押さえるような感じで吸い取らせるようにするのがおすすめです。生理中ですが、ナプキンをそのままにしていませんか?最近では機能に優れた商品も出て来ていますが、長期間同じものを使っていると炎症が起こりやすく、色素沈着を起こして黒ずみの原因となる可能性もあります。そこで生理中は特にナプキンをこまめに取り替えるように心がけることも大切です。このように日常生活のちょっとしたところを工夫する・配慮するだけでも、デリケートソーンの黒ずみを起こすリスクをだいぶ軽減することができるわけです。

下着の選び方の注意点

デリケートソーンの黒ずみに悩まされている人を見てみると、けっこう下着が自分に合っていないものを使っている傾向が見られます。足ぐりにゴムのついたショーツとか、ショートだけのガードル、緩めの下着を使っている、これらの項目に心当たりのある人はいませんか?実はこのような下着を常日頃から身に着けている人は、肌の黒ずみを起こしやすくなります。足ぐりのところにゴムの入ったデザインを身に着けていると、どうしてもデリケートソーンのところではだと下着の摩擦が起こりやすくなります。このようなショーツを使っている人がいれば、デリケートソーンの黒ずみ対策として全体的に収縮するような素材の下着で、足ぐり部分がレースをはじめとした柔らかいものを使ってみると良いでしょう。そうすれば、肌との摩擦が起こりにくくなって黒ずみ予防効果が期待できます。ガードルを使うのであれば、ロングタイプのものを使用するように心がけましょう。ロングタイプの方が、デリケートソーンの肌にかかる負担を少なくできると言われているからです。緩めの下着は圧迫が少ないので快適という人もいるでしょう。しかしあまりに自分のサイズよりも大きな下着を使っていると、体が動くたびに下着も動いてしまいます。その結果、肌と下着の摩擦も生じやすくなって、結果的に黒ずみの原因となりえます。逆にあまりきつすぎる下着もだめで、今度は圧迫が強くなりすぎて、肌の角質を厚くして乾燥した状態にしてしまいます。肌は乾燥すると黒ずみを引き起こしやすくなるので、ぴったりフィットするものを今一度探してみると良いでしょう。

ムダ毛処理の方法を見直すのも大事

女性の中には、夏場など露出の高い服装をする機会が多くなる時などにアンダーヘアの処理を自分で行っている人もいるでしょう。しかしこの自己処理のやり方によっては、デリケートソーンの黒ずみを引き起こす可能性もアップさせる恐れもありますから注意しないといけません。自己処理の場合、カミソリやシェーバー、脱毛ワックス・クリームなどを使うのが一般的でしょう。この時処理をしっぱなしにしていると、黒ずみが起こりやすくなります。そこで自分でムダ毛の処理をした後は、保湿ケアをするように心がけることが大事です。できればデリケートゾーン専用のローションを使いましょう。フェイスローションでも構いませんが、その場合には敏感肌用のような刺激の少ない商品を使ってケアをするように心がけることです。アンダーヘアのボリュームが気になるのであれば、カミソリなどを使って剃るのではなく、はさみなどで短くカットしてボリューム調整する方法もおすすめなので試してみましょう。また最近ではアンダーヘア専用のシェーバーなども出てきています。このようなシェーバーの場合、深剃り防止機能のついているものが多いです。このため、肌を傷つけたり、大きな負担を与えたりする心配がなくなります。その他にIラインのような粘膜近くのムダ毛の処理を希望するのであれば、ヒートカッターを使用すると良いです。ヒートカッターの場合、肌に直接触れることなくアンダーヘアだけを処理できるところが魅力です。